看護医療の仕事

HOME看護医療の仕事 > 看護師の仕事

看護医療の仕事といっても、看護師から療法士、技師などさまざま。それぞれの仕事の概要や職場、資格の取り方などを参考にして、将来を考えよう。

看護師の仕事

看護師の仕事は“医師の指示にしたがって診療の補助をすること”と“自らの判断で患者の身の回りの世話をすること”そして、“メンタル面でのケア”です。具体的な仕事は以下の通りです。

「診療の補助」

・ カルテの準備や整理、検温、検脈、注射、包帯交換など

「患者の身の回りの世話」

・ 食事、排泄、入浴、運動など毎日の生活行動全般への世話、援助を行うこと。

「メンタル面でのケア」

・ 健康を損ねたことにより生ずる身体的、精神的な痛みを少しでもやわらげ、慰めたり、励ましたりすること。

いずれも、患者の様子をしっかりと見守り、適宜、的確な対応が必要です。看護師の仕事は、医師のアシスタントではなく、看護のプロフェッショナルとして、責任のある大切な仕事なのです。

看護師の職場と就職状況

看護師の働く場所はもちろん病院が中心ですが、療養所などいろいろなところで活躍しています。さらに、高齢化社会を迎えるとともに、訪問看護の時代がはじまり、活躍の場は大きく広がろうとしてきています。

「これまで看護師が主に働いたていた施設」

病院、診療所、療養所、保健所、看護学校 など

「これからの需要が大きくなりそうな施設」

訪問看護ステーション、老人保健施設、福祉施設、企業看護 など

以前は超売手市場といわれていましたが、現在はそこまでではないにしろ、まだまだ、売り手市場であることには違いありません。

看護師の職務状況

よく看護師の勤務条件が厳しいと言われますが、実際にはどうでしょう。まず、勤務形態は一般的な病院で三交代制と二交代制があります。

「三交代制」

・ 午前8時~午後4時、午後4時~午後10時、午後10時~午前8時の勤務時間の形態。

「二交代制」

・ 続けて十数時間勤務、交代は一度。

これまで、圧倒的に三交代制が多かったのですが、今では、二交代制が増えてきています。
これは、トータルの勤務時間は同じでも二交代制の方が休日が多く、プライベートと仕事の両立がしやすく、看護師に好評だからです。

看護師の資格を取るには

看護師になるには、毎年2月に行われる国家試験に合格して免許を取得する必要があります。国家試験を受験できる人は下記の通りです。

「国家試験を受験するには」

・高校卒業後、法律で定められた養成施設で3年以上の勉強をすること。
・准看護師として働いた後、法律で定められた養成施設で2年以上の勉強をすること。

※ 准看護師になるためには2年間養成所で勉強が必要。
※ 中学卒業後、准看護師になった場合には、3年以上の勉強が必要。