看護医療の仕事

HOME看護医療の仕事 > 診療放射線技師

診療放射線技師

病院でよくレントゲンをとることがありますよね。診療放射線技師とは、そのレントゲンをとる仕事です。以前はエックス線技師と呼ばれていました。

診療放射線技師の仕事

診療放射線技師の仕事は、医師や歯科医師の指示のもとに、放射線検査を行い、診断や治療を助けるものです。レントゲン撮影が主な仕事ですが、最近は仕事に広がりが出てきています。

「放射線同位元素(ラジオアイソトープ)の利用」

・ラジオアイソトープの化合物を静脈注射などで体内に注入し、体内の諸機関の働きや異常を診断。

「各種放射線照射による治療」

・生物の細胞を破壊するX線を含む放射線の性質を利用して、悪性腫瘍やガンの治療を行う。

医療技術が日々発展するため、その技術や知識の習得は大変ですが、現代医療には診療放射線技師の役割が大きくなってきており、不可欠な存在といえます。

診療放射線技師の職場と就職状況

国公立・私立の病院が主な職場となりますが、近年はその技術力が認められ、医療機器の開発など分野からのニーズが高まってきています。

「診療放射線技師の職場」

 ・ 国公立・私立の病院、施設
・ 医療機器メーカーの研究・開発部門
原子力工業分野

診療放射線技師の資格を取るには

診療放射線技師になるには、毎年2月に行われる国家試験に合格して免許を取得する必要があります。国家試験を受験できる人は下記の通りです。

「国家試験を受験するには」

・ 高校卒業後、法律で定められた養成施設(大学、短大、専門学校)で3年以上の勉強をすること。